fc2ブログ

猫の「楽・福」と犬の「ちょこ」と農作業とその周辺の携帯写真が主です。 

夏の大掃除


   椿の実 

   意外と知らない方が 多いみたい
   中の種がはじいて 散らばり 拾い集め 親に渡すと
   いつの間にか たばこ銭に変わっていた

   あちこち 検索したら 実がはじく前に もぎとり
   自然に はじけた後 色塗り ニスなどで仕上げ 
   裏にピンをボンドなどで くっつけて ブローチに

   冬のショールなどの ピン止めにも

椿の実

   千両のつぼみ もうすぐ 咲きそうです

千両

   ここから ぐだぐだ話 スルーしてください
   コメント欄 クローズです <(_)>

千両


じゃ またネ バイバーイ ヾ(≧∪≦*)ノ〃  

   ブログランキング・にほんブログ村へ





   ぼちぼちと 娘の部屋の片付け 
   よく こんな所で 寝起きしてたもんだと
   片付ける暇も 気持ちのゆとりも なく 辛い日々だったんだろうなぁ

   同じ家に住み 毎日 顔を見合わせても 
   まともな会話もなかった
   
   転勤で やっと 娘の部屋を片付け始めた 
   本人不在を いいことに みんなひっくり返して
   どんどん 捨てた
   
   一気に 片付けられないから
   午後 数時間 畑の合間 がちゃがちゃ
   手動式の シュレッダー全体重を掛けながら まわしたり

   45ℓ大袋と30ℓ 中袋 あわせて 10袋位出た

   ほとんど 宛名と 会社関係の紙の束
   燃えるごみに出しても いいかと 思っても
   後々 問題になるといけないので みんな 刻んだ

   気まぐれで 娘の部屋に侵入した猫も 
   何処に足を置いていいか 迷うほど 踏み場がなかった

   朝 7時ちょっとすぎに 仕事に出かけ
   帰りは 日が変わって 1時 2時 
   ひどい時は 3時過ぎてた

   夜に風呂入ることすら なくなり 朝 シャワーを浴び
   会社で 朝ごはん
   
   他所から見たら 朝しゃんして 優雅に会社で食事
   上司よりも 手取りが多いらしかった、とか 言われたことも
   あったらしい 

   そういう情報が 何故 耳に入るのか 不思議だけど

   土日 休みでも ほとんど 寝てばかり
   日曜日 昼から 遊びに出かけ 深夜帰り
   そのうち 化粧品も あわなくなり
 
   帯状疱疹 出たり
   何とかと言うエステにも 通ったり
   残業代で稼いだ金が つまらない方へ 流れていく

   家のローンとか 私の扶養とか
   ひとり 思い悩んでたんだろう
   
   重いストレス障害にならなくてよかった
   物を買い込むことで ストレスを発散していたんだろう
   中には 封を切ってないものもあった

   座り込んで 荷物を 片付けながら 
   越してきて 10年 
   その間の 娘の苦労 横目で見て 何の解決もできず

   足の踏み場もない所で 娘は 先のこと
   この部屋を見つめながら どんな思いで過ごしていたんだろう

   後から 入ってきた子達が どんどん結婚して
   新しい家族揃っての 年賀状
   どんな 思いで 受け取ったんだろうか

   ぼたぼた 涙が落ち
   汗だか 涙だか わかんないくらい 鼻水垂れてきたり

   唇 かみ締めながらの 大掃除
   
   途中 見かねた家族が 電動シュレッダー借りてきて
   お~早いわ 早いわ
   ストレス 解消になる 

   いろんなもの 衣装ケースに 放り込んで 積み上げた
   たまたま 帰ってきた娘
   だいぶ ごきげん 悪くなり
   今度 片付けに来るから このままにしておいてと

   捨てるつもりで 山済みにしていた写真集など
   本棚に戻していた
   掃除をするために 本棚を移動 傾けたら
   どどっと 雪崩がおき

   左足の甲に どさっと 

   しばらく 痛くて 動けなかった
   血がにじんで そっと 動かすと 痛みは本が当たった所だけ
   どうにか だいじょうぶのよう   

   夜になって 足の甲が腫れ 湿布して寝た
   翌日も さらに その翌日 雨の散歩 
   それが 祟ったのか 足が黒くなってるような

   4日目
   黒ずんでいた所が 黄色くなってるような
   やれやれ 整形外科 通わずにすんだ
   今 保険証の切り替え次期で 手元に 保険証ないから
   冷や汗

   毎年の健康診断票 なくしたみたいだから
   それも 再手続きしないと 
   予約できないし

   先日 娘が会社に立ち寄るからと伝言あり
   ちょこと運転手君 逢いにお出かけ
   わたしは その間 雨の中 散歩 

   あれこれ すれ違い
   でも 家中のカーテン洗い 
   ガラスを拭いて まじ 大掃除
   腰 いてー

   長々と すんません
   わが身の 恥です <(_)> 

             ↓ 娘の手土産、練り製品
     
お土産


じゃ またネ バイバーイ ヾ(≧∪≦*)ノ〃  

   ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



まんねんず観光で

 
    グリムス 21本目 大人の木に成長しました
    今日も saarda 気分で    

     グリムス

   まんねんずの。。シナ絵日記

   まんねんず観光で うにちょこ 温泉へお出かけ
                                 ↓ うにたんは ここ

まんねんず観光

   お風呂 大好きっこ ちょこ いい湯加減だわん U^ェ^U

まんねんず観光
                                        ちょこは ここ ↑

   美味しいもの いっぱいの観光旅行でした
   またの お誘い お願いしますにゃ (ΦωΦ)

まんねんず観光

 

  エゴノキ 
  別名 萵苣の木 ちしゃのき
       轆轤木  ろくろぎ

エゴノキ

     初夏の頃 白かピンクの花をいっぱい咲かせる

    エゴノキ
  
  エゴノキの枝先に花でも 実でもないのが 
  エゴノネコアシアブラムシ (エゴの猫足油虫)の虫こぶ

エゴノキ
 
  この枝先に産卵、寄生することで
  この部位が局地的に肥大化するらしい

エゴノキ

  なでしこ (撫子)

  名の由来は 「撫でたくなる様な子」

なでしこ

  宿根草 毎年 同じ所に咲いて丈夫です
  
なでしこ

うにたん

うにたん

ちょこ

うにたん



じゃ またネ バイバーイ ヾ(≧∪≦*)ノ〃  

   ブログランキング・にほんブログ村へ

お伊勢参り ④


    浜幸パール
 
  お伊勢参りの 目的は ここ 
  かたまいりでしたが 娘に いつか 贈ってあげると約束していたので

    ↑ 気にしなくても よいと「かじぺたさん」が 教えてくださいました

     Yahoo 知恵袋 ← ぽちっ。

浜幸パール

  これではないですが こんな感じのもの



  冠婚葬祭用に使えるものと そして ブローチを誕生祝に
  さぁ 買う物買ったし ごはん ごは~ん

  荷物は 浜幸さんにあずけて じゃまな傘も 
  お店の前は 有料の駐車場 

  料金気になるし ゆっくり 観光の時は 浜幸さんへ置いてもらって
  電車で来る方は 駅まで 送り迎えしてくださるし

  身が軽く お財布も どっと 軽くなった所で (T▽T)

  信号の地下道を通って

お伊勢参り

  お楽しみの おかげ横丁
  大きな招き猫 この奥に 紫陽花が展示されていて(追記にアップ)
 
  その奥にはいろんな 食べ物屋さん 座る所もないくらい 大繁盛 

  さらに 奥には アクセサリー屋さん 花とお話好きな おばちゃんと
  ちょっと おしゃべり

お伊勢参り

  何食べようかなぁ と 迷いつつ ちょっと 太鼓橋で休憩
      
お伊勢参り

  川べりの 石垣が情緒ありますね

お伊勢参り

  銀梅花 

銀梅花

  おはらい町の石畳 あちこちに いろんな花が目を楽しませてくれます
  ご丁寧に 花の名前まで (助かります)

お伊勢参り

  浜与本店   
  鳥羽市答志島で水産加工を行っています

  ここで みなさんのお土産 チョイス 
  さて住所は・・・えっ 浜幸さんに預けた荷物の中に ひぇーーーっ
 
  とりあえず 支払い済ませ また 浜幸さんへ 汗 汗

お伊勢参り

  生しらす丼 
  酢味噌やだししょうゆを セルフサービスでかけていただきます

お伊勢参り

  よく歩いたから お腹すいた 無駄な歩きが多かったけど
  ホントは 浜幸さんへ行くまでに 道に迷い
  猿田彦神社まで 歩いてしまった

猿田彦神社

  カキグラタンコロッケ 
  サービスで 後一口でしまいという時にパチリ
  アップしようか どうしようか 迷いつつ アップ  

お伊勢参り

  赤福 (あかふく) 同じ通りにも 別の赤福さんがあります

お伊勢参り

  お土産は 定番 赤福 みなさんも どうぞ~って むりね ><。 
 
赤福

  みなさまに ひとつでも多く 幸せが訪れますように
  お伊勢参り 今回は これで おしまい
  歩数 約18000歩 (道に迷った分も含む)




じゃ またネ バイバーイ ヾ(≧∪≦*)ノ〃  

   ブログランキング・にほんブログ村へ
続きを読む

お伊勢参り ③


  神苑 (じんえん)に戻って来ました
  放し飼いされてるそうです (神鶏 しんけい)

お伊勢参り

  神が弟のスサノオノ命の狼藉に心を痛めて岩戸にお隠れになってしまい
  世の中、真っ暗になったとき ひと役買ったのがニワトリなんだそうです
  
お伊勢参り
 
  二十年に一度行われる神宮最大のおまつり
  式年遷宮で「生きみつぎ」として神様に献上される

  これらのニワトリは役目を終えると みな苑に放たれるそうです

お伊勢参り
 
  ほんのり いい香りが漂う中

くちなし

  宇治橋から 五十鈴川を眺め

お伊勢参り

  相変わらず 高い所 苦手 へっぴり腰で 
  川の流れの音 聞こえませんか

お伊勢参り

  宇治橋の擬宝珠(ぎぼし)

  右側通行で帰る際には 最後から二本目 
  橋の安全を祈って饗土橋姫(あえどはしひめ)神社の
  萬度麻(まんどぬさ)が収められてます
     
お伊勢参り

  ↑ これじゃないです
    
  色が違っていますし 文字が刻まれています
  すぐわかると思いますが これに触って帰ると
  また 参拝に訪れることができると 言われています

お伊勢参り

  また お参りできますように
  
お伊勢参り

  お伊勢さんを後にして 目の前には おはらい町
  おかげ横丁 800mの石畳 
  古い街並み おみやげなどなど 楽しみな所へ GOーGO- 
  お腹 すいたよー

お伊勢参り 
   ↓↓ クリックで大きくなります
       ぽちっとしたら ルーペをもう一度 ぽちっ。

  お伊勢参り 赤福

   さっ みなさんも ごいっしょに いただきましょう 

お伊勢参り

  赤福の店内から 眺める景色 枯山水を 通り

お伊勢参り

  花を愛で 靴を脱いで入る、資料館があったのですが
  人も多かったので ちらり見るだけで 撮らず
    
お伊勢参り

  雨が降った後 まだ空は どんより 
    
お伊勢参り

  ギボシ

お伊勢参り

  伊勢には古くから、毎月ついたちに、神宮にお参りする、 
  朔日参り(ついたちまいり)の風習があり 
  神都・伊勢ならではの美風となっております

  赤福 朔日餅 (あかふく ついたちもち)

   ↓ 百五銀行 景色を損なわないように 作られてますね

お伊勢参り

   さて 次は 本目的地へ

じゃ またネ バイバーイ ヾ(≧∪≦*)ノ〃  

   ブログランキング・にほんブログ村へ
 

お伊勢参り ②


  記事にして 気づいたことは 内宮だけ参ったみたいです
  タブーなんですよ、『かたまいり』  ><

  無料観光案内もあるみたい
  要予約 基本 ボランティアで行なわれてるらしいが
  諸費用は別らしい

  伊勢神宮 

  すんでしまってから 後悔しても仕方ないです
  また ちゃんと お参りようと思います

  さて 内宮の本宮 写真撮影 禁止なので お参りした後の話になります

  御稲御倉 (みしねのみくら)
  神宮神田より収穫した抜穂(ぬいほ)の御稲が修められているところ

お伊勢参り

  荒祭宮 (あらまつりのみや)

  外宮の多賀宮と同様に天照大神の荒御魂を祀る特に格式の高い別宮です
  ここで 個人の願い事 (^人^)

お伊勢参り

  予定では 24日に出かけるつもりでしたが 大安だったので
  朝 どしゃぶりの中 傘さして 自転車で駅まで 

お伊勢参り

  昼には 晴れ
  折りたたみじゃなかったので 当然 傘が邪魔になります
  ハイキングの格好で ローカル線名鉄で名古屋へ

  名古屋で近鉄に 乗り換え 
  近くに居る駅員 とっ捕まえて 相手の都合かまわず 
  改札口聞いたり カード 入金でもたついたり

  心臓が弱い割りに こういうことは 図太い
  
お伊勢参り
 
  神楽殿
  
お伊勢参り
 
  ご祈祷のお神楽 御饌を行う御殿
  お守り お札や御朱印もここ受けることができます

お伊勢参り

  ネズミモチ

お伊勢参り

  エゴノキ

お伊勢参り

  息子も いいなぁ 行きたいと 言っていましたが
  この日は 思うことあって 一人 お出かけ

お伊勢参り

  本宮へ向かう途中 
  いくつかの鳥居をくぐる前に お辞儀をしてきたように

  帰りは 鳥居をくぐり 振り返って お辞儀をします
  
お伊勢参り

  てくてく 
  玉砂利の音が むなしく
  一人で居ることが なんか 心が沈んでいきそう
      
お伊勢参り

   「火除橋」付近にあった静かで美しい伊勢神宮内の池
   奥の方に 花が咲いて 池の中は 何も見えませんでした

お伊勢参り

   参集殿 (さんしゅうでん)近くの池
   大きさが わからないでしょうが とにかく でかかった
   近くに 子供が居たけど さすがに 写せないですよね
 
お伊勢参り

   悠々として でっかく 一番 きれいだったような
   
お伊勢参り

  さて 次は 楽しみな おかげ横丁へと いそいそ
 
お伊勢参り


じゃ またネ バイバーイ ヾ(≧∪≦*)ノ〃  

   ブログランキング・にほんブログ村へ

お伊勢参り ①


  6月12日に お伊勢さんへ 行ってきた話です
  だらだらなので 軽くスルーしてくださいね

  お参りの作法とか この歳になっても よく知らずに出かけて
  あとで調べて あちゃー

  そんな訳なので 突っ込みなしで お付き合いください

お伊勢参り

  はじめに よく知りたい方は

 伊勢神宮ガイド~知っておきたい正しい「基本」の参拝方法
   ↑ Traverl.jp

  たぶん 「かたまいり」したかも (T▽T)
  また ちゃんと お参りしてこなくちゃ

  外宮 内宮 の順で回ります、まずは 正宮から参拝

  それぞれの別宮、摂社、末社、所管社と呼ばれる宮社があり
  すべて合わせて125社の総称が、伊勢神宮と呼ばれています

  内宮 宇治橋

お伊勢参り

  橋の上から 五十鈴川
    
お伊勢参り

  内宮のご祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)
  日本人の総氏神といわれる存在です

  外宮のご祭神は豊受大御神(とようけのおおみかみ)
  天照大御神の食事をつかさどり、産業や食事に関する神様です

菖蒲

  手水舎 
  すくうのは 一度だけ 手と口を清めます

    右手でひしゃくを持って水をすくう
    左手を清める
    左手にひしゃくを持ちかえ 右手を清める
    右手にひしゃくを持ちかえ 左手に水をすくって口をすすぐ
    左手を清める
    ひしゃくを垂直に持ち、余った水をひしゃくの柄に伝わせ 清める 
  
お伊勢参り

   内宮の手水舎の先には 五十鈴川があり 
   川のそばまで降りられます  

お伊勢参り

  上流

お伊勢参り

お伊勢参り
  
  下流

お伊勢参り

  紫式部 (むらさきしきぶ)

  江戸時代の初期にはまだムラサキシキブの名はなく
  「みむらさき(実紫)」「たまむらさき(玉紫)」と呼ばれていました
               (ヤサシイエンゲイより)
     
お伊勢参り

  参道は 基本的に中央を歩くのは タブー
  鳥居 ひとつ超えるごとに 神様の領域に近づいていきます

  鳥居の前では 立ち止まり 軽く一礼してから進みましょう
  
お伊勢参り

   他の神社と違う所 賽銭箱がない

お伊勢参り

   拝礼は 「二拝二拍手一拝」にて行います 

   二回 深く 礼 
   ふたつ 手をたたきます
   最後に 深く一礼します

お伊勢参り

  内宮でも外宮でも
  ご正宮は日頃のご加護に対する感謝を神様に伝える場所と言われています

  個人的な お願いごとは控えましょう

お伊勢参り

  個人的なお願いごとをする場所は 
 
  内宮の第一の別宮は「荒祭宮」
  外宮の第一の別宮は「多賀宮」

お伊勢参り

  さらに 上級者向けの伊勢神宮参りガイド
      ↑ Travel たびねす

  階段下でカメラ撮影は おわりです
  この先は 写せません

  内宮の正宮前の階段

お伊勢参り


  じゃ またネ バイバーイ ヾ(≧∪≦*)ノ〃  

   ブログランキング・にほんブログ村へ

畑の野菜


  センニチコウ (千日紅)

  花が十分咲いて 花穂みたいに少し伸びた状態のころ
  種ができてる可能性があるので 

  摘んで 花柄をもみもみして
  植え込み 土を被せておけば 初夏には 発芽する可能性大
  
センニチコウ 

  ドライフラワー
  具合よく花が咲いている頃を見計らって茎ごと刈り取り
  直射日光を避けた風通しのよい場所に数本を束ねて逆さにつるして乾燥

センニチコウ
  
   ローゼル

   別名 ジャマイカ・ソレル 
       フロリダ・クランベリー
       ロゼリソウ

ローゼル

   本来は毎年花を咲かせる多年草ですが
   寒さに弱く日本では冬に枯れてしまうので一年草として扱います

   茎の根元に オレンジ色に見える、花芽だと思います

ローゼル

  やっと とうもろこし 雄花がではじめ
  御用がすんだら 切り落として 虫が寄り付かないように
  遠くに捨てるか 燃やす

とうもろこし

  インゲン

  短期間で収穫できるので 時期をずらして 種まき
  プランターで育てる時は つるなしがおすすめ

インゲン

  ササゲ 
  名前の由来は 
  莢の先が上に反り返り 捧げもつ手の形に似ていることから

  莢が長く伸びる「じゅうろくささげ(十六大角豆)」と呼ばれる品種群もあり
  淡い色よりも 色の濃い緑色のササゲがおすすめ
  
ササゲ

  ピーマン

  ピーマンの花は 雨が当たると落下する
  雨の当たらない軒下などが よいらしい

ピーマン

  ミニトマト

  連作障害が出るので 4~5年は 同じ場所に植えれません
  連作する場合は 接木なら O・K (なす ピーマンも)

ミニトマト

  雨の時期 脇芽を切って 家のプランターに挿して
  収穫増やし

  おやつみたいに いくらでも 食べれるし
  低カロリーだし 

ミニトマト

  なす

  老化を防いだり 動脈硬化の予防や 
  がんの発生を抑える成分を含んでいる

  ビタミン ミネラル 食物繊維を含んでいて
  収穫は 早朝が よいらしい

なす

  メシベがオシベより短く色が白っぽかったら栄養不足ですので
  追肥を行いましょう
 
   栄養が行き届いている場合は紫色に 咲きます 
                        ツチトモ 土のある暮らしより


   さて 次回から お伊勢参りの話しますね


 じゃ またネ バイバーイ ヾ(≧∪≦*)ノ〃  

   ブログランキング・にほんブログ村へ


雑草


 ↓↓  小さい画像は クリックで大きくなります
       ぽちっとしたら ルーペをもう一度 ぽちっ。

  キカラスウリ (黄烏瓜)

  雌雄異株で ひとつの株には雄花か雌花かのいずれかのみがつく
  塊根から抽出されたタンパク質によるエイズに対する薬効が
  研究されている
            Wikipedeia より

  キカラスウリ

  ヤブジラミ (ひっつきむし)

  和名の由来は
  藪に生え 鉤状に曲がった刺毛によって果実が
  衣服につきやすいようすをシラミにたとえたもの
 
          ↓ オンマウス


   ベニシジミ (紅小灰)

   羽を閉じている時の様子が
   シジミ貝の内側に似ているために命名されたシジミチョウの一種で
   紅色をしているので名付けられました 
                       (蝶の写真館より)
           
    ベニシジミ

   ヤブカラシ (藪枯らし 別名 ビンボウカズラ( 貧乏葛)

   庭の手入れどころではない貧乏な人の住処に生い茂る、
   あるいはこの植物に絡まれた家屋が貧相に見える、
   またはこの植物が茂ったことが原因で貧乏になってしまう、
   などの意味に解釈されている

ヤブカラシ

   イヌホオズキ

   全草有毒です
   草姿などがホオズキに似ていて 果実に赤い袋をつけないので
   「似て非なるもの」の 「非(イナ)」から 「イヌ」に 
   転訛したもののようです 
                     Yahoo 検索より
    ↓ オンマウス  


    イシミカワ

    和名 石見川 石実皮 石膠 
 
    林縁・河原・道端・休耕田などの日当たりがよく
    やや湿り気のある土地に生える 

     ↓ オンマウス 



じゃ またネ バイバーイ ヾ(≧∪≦*)ノ〃  

   ブログランキング・にほんブログ村へ

馬の鈴草


  ↓↓ マウスオン
     マウスを画像に置いたり 外したり繰り返し
     画像の切り替え お楽しみください


  ウマノスズクサ (馬の鈴草) 毒草

  ジャコウアゲハの幼虫が食草としている



   マサキ (柾)

   花期 6月ー7月
   花は黄緑色で小さく 目立たない



  ナワシロイチゴ (苗代苺)

  花は こちら
  苗代の頃に赤い実が熟すため この名がある
 


  ノカンゾウ (野萓草)

  忘れ草 (わすれぐさ)
  一日でしぼんでしまうので 切花には 向かない、かな
 
 

  若葉は、おひたしにして、酢味噌で食べる
  花の蕾は食用され 乾燥させて保存食(乾物)とする




じゃ またネ バイバーイヾ(≧∪≦*)ノ〃 

        ブログランキング・にほんブログ村へ
      FC2ランキング   にほんブログ村


  ↓↓ マウスオン
     マウスを画像に置いたり 外したり繰り返し
     画像の切り替え お楽しみください

  
  ゆり (百合)



  くちなし

  春から秋にかけて 年2回伸びるのが標準的  
  新しく伸びた元気な枝の先端に花芽ができ

  花芽も年2回作られます



  アガバンサス 

  別名 ムラサキクンシラン 紫君子欄 
      アフリカンリリー 



  メリケンムグラ

  河原やあぜ道などに生えている帰化植物 



   (はぎ)

  秋の七草のひとつ
  中秋の名月に・薄を月見団子と共に月に供える風習がある



  ヤマモモ (山桃)

  花は こちら




じゃ またネ バイバーイヾ(≧∪≦*)ノ〃 

        ブログランキング・にほんブログ村へ
      FC2ランキング   にほんブログ村
楽天市場
楽天ブックス
こんにちは~ニャ

みかん

Author:みかん
復興支援

バナーの貼り方の一例はこちらの<続きを読む>に書いてます
  
  

  ブログランキング・にほんブログ村へ



うにたん
 siopopさんより

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  鉛筆語りさんより
 
 

 お世話になっている所です
季節の花300
K'sBookshelf辞典・用語花の名前小事典 葉の図鑑・蕾の図鑑・実や花後の図鑑
四季の山野草 
GIFアニメ
くろご式ことわざ辞典
 SP-Studio
松江の花図鑑

画像の無断使用 やめてください
著作権 放棄してません☆

さくら咲く
HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

コンパクト月別アーカイブ
お願い事
オレンジリボン
子供虐待防止オレンジリボン 有名人の応援メッセージあり。  クリックして見てください。 勧誘ではないです★
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
検索フォーム
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
仲良くなりたいニャン
最新コメント
読んでちょ
QRコード
QRコード